Q1. 献身者になりたいわけではありませんが、入学できるでしょうか?
A1. だいじょうぶです。リバイバル聖書神学校では、
1. 信徒として教会学校などでの教会奉仕のために学ぶ1年コース、
2. 献身的信徒として教会奉仕を志す方のための2年コース、
3. 神の召命を受けてフルタイムの牧師、伝道者、教師、宣教師をめざす3年コース
の3つのコースを設定しています。

Q2. 途中でのコース変更もできますか?
A2. はい。年齢や家庭の事情で最後まで学びを続けられるかどうかわからない、召命の確信がはっきりしないなどの理由から、1年コースで入学されても、年度ごとに学びを続けるかどうかの相談に応じています。

Q3. 教室制、通信制のどちらでも内容は同じなのですか?
A3. 通信制の方には、教室での講義DVDを2週間後にお送りし、同じ内容で学んでいただきますので、講義内容は同じと言えます。ただし、愛知県民の森での半徹夜祈祷会、モーニングプレイズ、路傍伝道のほか、教派を超えた神学生同士の交わり、講師の先生方との交わりなど、教室制でしか体験できない恵みもたくさんあります。

Q4. 通信制の場合は、教室で講義を受ける事はできないのですか?
A4. いいえ。通信制の方にもできるだけ教室の講義に参加していただく方が望ましいとされています。ただし、その旨を前もって連絡していただくことが必要です。

Q5. 卒業後の進路にはどのようなものがありますか?
A5. リバイバル聖書神学校の卒業生には、母教会で献身スタッフ、伝道師、牧師として奉仕されている方、超教派団体で奉仕されている方、また、学位取得をめざし海外の神学校へ留学されている方もあります。開拓伝道にあたり教会を設立した方、海外宣教に進まれた方など、様々な進路があります。